はないちもんめ

まとまらない

オタクって本当に生き辛いな。

社会人って、本当に嫌だなぁ。学生に戻りたい気持ちと、全てを捨て去って海外逃亡を図りたいそんな気持ちが交差してる状態です。在宅ワークも中々厳しいかも知れないが、普通に朝起きるの嫌すぎて、在宅ワークしたい。

 

さて、どハマりしてるジャンルがなくて、今宙ぶらりんになってる私です。

しかし、変わらずばんたんがライブやるなら最優先で行くし、なんならこの間の京セラも行った。本当にそろそろ物販どうにかしてくれない?ドームするならそこも改善策投じてくれない?頼むよ。

K-POPは中途半端って感じで、心の友達は相変わらずハマっているので会ったら情報を聞きながらなんかこれでいいかぁって思ってる感じです。

9月は商業にハマって、とにかく読んで、気に入ったら本で買うって言う生活をしていた訳なんですよ。そしたら、本棚がBLで埋め尽くされてちょっと笑っちゃった。私は別に隠してないので、友達きてもそのままなんだけど、そもそも入りきってないからそこはどうにかしなきゃなって感じはある。

そんな他人の恋愛を全力で応援してた私も、今は宙ぶらりん。応援は常にしてるので、話し出すとすぐ熱くなるのが悪い癖。

本当に何にもないんだよなぁ。

昔やっていたことで、したいことはあるんだけど、昔はどうやってやってたか思い出せなくてやれなくて、ダラダラしてる。

結局自分は何もできない人間なのかな。と闇に入ったりしてみたり。

社会人なって1番思ったのは、本当に笑わない生活しんどい。

学生の頃はそんなに思わなかったのに、社会人になったらそれが辛すぎてしんどい。でもかと言って他人と会うことが疲れるタイプだから人と話そうと言う力もないし、金もない。

我社は無駄に研修するんですけど、その時に久しぶりに同期と会って腹抱えるぐらい笑って、再確認したわけだけど、笑うだけでだいぶ楽。

本当に。ただ愛想笑いとかただの笑いじゃなくて、腹を抱えるぐらいの笑いが必要だなって。

でもこれって本当に難しくてさ、そもそもお笑いを見るタイプでもないから観ないし、観ないしなあ…あんまり腹を抱えるぐらいのお笑いがなさそうだなって思うし、なんなら疎遠にしていたジャングルだから手を出すのも嫌だなぁ…。

さまぁ~ずの微笑みになれるぐらいの笑いはわりと感じてる。録画してるからな。

なんにせよ、難しい。

QOLって普通に生きてる若者でも向上って難しいんですよ。色々考えちゃったりさ。な?な?

向上する感じは今のところ無いです。

オタクじゃなくても生きにくいけど、宙ぶらりんになってるオタクこそ、生きにくいし、行きやすい時の反動酷いし、オタクって自分で自分の首絞めてる感じあるよな。

それでも2次元から培ったオタクはもう抜けないんだよなぁ。

幸せになりたい。

3月の風に想いをのせて

卒業式と言えば、小学校だったか、中学校だったかで歌った3月9日を思い出します。

私は、新たな世界の入口に、4月から立ちます。

まあ、これは卒業したよ。おめでとさん。って言うのと、恐らくこれが人生最後の形に残る卒業だと思って振り返ってみようかな。って感じです。

 

先日、卒業式があったのですが、やっぱり泣けなかった。

少し前に、Twitterで「卒業式で泣ける人は、それだけ学生生活が楽しくて、幸せだったんだなぁと思う」って言うのを呟いたことを思い出しました。

卒業パーティーとかであるじゃないですか、最後にまとめたなんか映像みたいなの。あれを見ても全然泣けない。終わったことも実感わいてこなくて呆然とただただ周りが盛り上がり、泣いてる人とかを背中で感じながら、私はこの4年間何を得て、何を学んだんだろうか。と、ふと思いました。

私はただただ4年間過ごしてきただけの学生とはまた違い、1年間で行事運営が詰まってる3年間と、就活及び卒業試験などで忙しかった1年間だったはずなんだけどなぁ。

なんか、こんなもんか。と。

1年の時、私は友人関係をゼロからのスタートを切り、イベント運営をしようとか、恋をしたりとか、あー本当になんかいっぱいしてました。

この1年間だけモテました。おめでとう。あとの3年間は地獄の始まりだぜ!ってことを言っておきたい。

あ、今年の四月から入学する人へ。結局はじめが肝心なので、1年生の間に恋人を作っておくことをオススメします。

楽しかった、と言うのはあまりなくて、辛かった、ということもあまりなくて、ただ異様に多分人生の中で一番友達多かった時期でした。これは本当に辛い。元々少人数派なので、現実はパリピだけどついていけていない精神。置いてけぼりくらってる。

2年、大学最後の恋をしました。マジこれさ、本当に面白いことに相手は私と出かけた次の日に彼女と付き合い始めてました。

まじ腹立つね!(激おこ)

当時の私は、それを友達から聞き、友達に「好きだったんだよね、でも、言わなきゃと思って」と気を使われたのが異様に嫌で、その時は涙を堪え「えー!なにそれ!知らなかった!嘘ー!ってか好きじゃないって笑」って笑って言った。

今でも覚えてる。もう主演女優賞貰えるわ。

おめでとう!

まあ、その後、帰ってから泣いたけど。

 

その後色々あって、その相手のことを心底嫌いになるので、人って面白いよね。そして、この年にあんなに良くしてくれていた先輩たちと仲があまりよろしくない関係になりました。

んーー原因は私も子供だったし、あっちも子供だった。ただそれだけ。でも、やっぱり私許せないからさ~~根に持つから。

これ、一生自分は悪くないと思って生きていくね。

私、根に持つタイプだから。

3年になって、さらに先輩たちとの関係の悪化、それによりボランティア先との関係の悪化。そして、自分では支えきれないほどの責任、周りの陰口、周囲との意思の疎通が困難etc..

結果、うつになったよね!

おめでとう!わーーーうつだ!わーーー!!!(やけ)

タイミングが悪かったと思いますね。本当に。

こればかりは運が悪かったとしか言えない。

周囲との意思の疎通が困難になっているので悩んでいたのに、余計な先輩とかボランティアとか関わってきてメンタルやられたよね。

マジこれに関しても、私許してねえから。

私悪くないと思ってるからァ!

私、なんたって根に持つタイプだからさァ!

唯一悪いところを上げるとなると、こう、意地になりすぎだし、例え仕事が出来ないからと言って、人のことを見下しすぎてた。これはいけない事だったな。どんな人でも見下す理由は何も無いんだな。って気づけました。

まあ、そこは置いておいても、ちょっとおこって感じだし、今も会いたくないし、私の中で死んだことにしたい。ぐらいです。

まあ、人ってそういうこともあるよ。学校にいる間はどうしても「学校」と言う共通点があったので会うこともしばしばありましたが、もう卒業したからなーーーい!!!!

嬉しい!!!もう二度と会わない!!!

会った頃には名前も顔も忘れてる頃に会いたいですね!

そんな、地獄の3年をなんとか乗り越えた先には私は卒業が危うくなっていました!思わず赤文字になってしまうほど、

シャレになんねえ。

まじ本当に。

なんで学校に3年間身を捧げた様なもんなのに、そのせいで卒業できなくなるんだって…なにしてんの私…と思いまして、4年はすごい頑張りました。

就活も、実習も、通常試験も、卒論も、あーーー頑張った!頑張った!

4年は多分肩の荷が降りたと言うか、4年間の中で頑張ることは多かったですが、4年間の中で久しぶりに味わう楽しい学校生活だったと思います。

大体、4年間も一緒にいると、「もうこの人とは無理…卒業までもたない…距離を置きたい」と思ってる人たちって少なからずいて、その人たちが自然に集まり、いつの間にか一緒に行動してました。多分これが一番楽しかった…。

私と同じく…3年間学校に身を私より捧げた友達とも色々ありながらも一緒にご飯行ったり卒業旅行行ったりできるような仲にまで修復したので良かった。

4年楽しかったなーーー?????

多分、2年から3年までが辛すぎてしんどかったんだと思います。

頑張ったな。

だから卒業パーティーで、本当に辛い時の写真出されても辛かった…しか出てこないし、何度泣かされたか…って感じです。

私は、悪いことしたことって結構引きずって覚えてるタイプなのですが、一番本当に申し訳ないことで謝れてないのが、2年の時、後片付けで忙しい中、メンバー半分以上私の勝手な判断で大反省会をさせていて本当に申し訳ない。全然周り見えてなかったし、一番してはいけないことだったと思います。本当にすみませんでした。

と、今更友達にこんな辛いことを思い出させてまで言いたくないのでここで懺悔。

周り見えてないのに見えてるって勘違いして、自分の我が儘で周りに迷惑かけるのは本当にだめだぞ。

勘違いは、無知よりもタチが悪い。

私、結構プライド高いほうなのですが、それから自分は何も出来ないし、できた試しがない。例えそれができたと思われててもそれは私が努力してできたことでもないし、ただ何となく形ができてただけ。

自惚れるな。周りを見ろ。

3年の時にずっと自分に言い聞かせてた言葉です。

自惚れるな。自惚れたらそこで他人はついてこない。他人を動かしたいのなら、周りを見ろ。客観視しろ。そして、考えろ。

今何が必要で、最優先事項はなにかを。

他人は簡単には動かない。こちらの一方的な想いでは動かない。動かないものを動かせるのだから、しっかりした根拠とそして他人の話を聞く姿勢とTPOに合った表情である。

ってずっと思ってきました。

だいぶ自分追い込んでるなあ。と思いますが、まあ、いつも自分に甘ちゃんなのでこれぐらいはしょうがない。

だって期間限定だしね。

本当に沢山の人と口論してきたと思います。ふざけんじゃねえ。なんて言ってきましたし、つい言っちゃうですけど、これ本当に治らない。

気をつけます。

4月からはなにか一つ、いい所探しから始めますね…

 

なんか、書きながら思ってきたけど、私にとって、確かにこの4年間で学んできたことはとてつもなく大切なものになったな。

一言で言うなら、私は4年間「自己覚知」をしてきたのかなと思います。そして、その「自己覚知」で得た情報から悪い所を再確認できたって感じです。

あとは、失敗と、経験を踏まえて、沢山の人と話し、どうしたら聞いてくれるのか。とか考えてきました。

他人との繋がりの中で、正解はありません。

コミュニケーションの図り方だって、人それぞれですし、その中に正解というものは存在しないのです。

正解が分かるとしたら、それはコミュニケーションを図った後にしかわかりません。

世の中で一番難しい問題なのではないかなと思います。

でも、生きていく上でみんなしていかなきゃならないものです。

大切なのはそこで、「自分とは違う他人を受け入れる」ことです。

これって私にとっては、とっても難しくて、つい意地になったりとか今でも「ごめんなさい」が言えなかったり、もやっとしたりとかあります。

だからと言って、全てを受け入れろとは言いませんし、そんなことしてたら心が壊れちゃうのでやめておきましょう。そういうことが出来るのは生まれ持った才能がある人しかできません。

私のような人は、「横に流していく」ということを身につけることが大切だと思います。

右から左へ。全てのその人の思いを横に流して行くんです。ああ、「さようなら〜」とハンカチを降る必要はありません。

最悪、目に入れなくてもいいのですから、別れを惜しむ必要はないのです。

流れ作業のように流していくだけです。

ただ、これをしていると露骨になってきて「他人の話が聞けない」とか不名誉なレッテルが貼られてしまうので、必要なものは取っておくことも必要です。

そこは人それぞれなのでなんとも言えませんが、イメージはこんな感じ。

まあ、こんなに上手く出来てたら人生楽しそうだなって思います。

やろう!と思ってもなかなかできないのが我々人間なので、できないことを悔やむのではなく、できたことを褒めましょう。

もし、一度できたら「やれたじゃん!すごい!」と嬉しがりましょう。心の中で思っておくのが一番いいですが、問題がないのであれば声に出して言うことも大切です。

声に出していうことで、理解する時や客観視するのに有効なので、問題なければなんでも声に出してみてるのがいいと思います。

声に出して言うと、できる気がするんだよね。

気がするだけだけど、それが大切だったりする。

 

書きながら、ここまで分かりながら自分できてないのやばくない?と今更ながら思う…。

ら、来年は一つでもできるようにしようかな!

でも、焦らずゆっくりしていこう。

 

大学生活の思い出って社会において、自分たちが思うより重宝されるんですよね。その4年間の中でより多くの失敗と経験ができた人は社会に出ても何とかやっていけるのかなって思います。

私もそうでしたが、「大学生活大切にしなよ!」って言われてもピンとこないし、知らんがな。年寄りはうるせえなって思うと思いますが、大丈夫。4年後には自分も後輩に同じこと言ってると思うので。安心して!

ちょっとでも、無駄にしたなって思わない大学生活が送れればいいと思います。あとは学割が効かなくなるのは本当に痛手なのでそれだけは分かってくれ。

 

しかし…友達は会おうと思ったら会えるし、彼氏の存在は皆無だから全く悲しいことはないけれど、全然関係なしに寂しい気持ちがここ数ヶ月続いてるのでこの解消法を教えて欲しい所存でございます…

なんなのかな〜誰がこの寂しさを埋めてくれるのかも私にはわからない。

 

卒業式、泣けたあなた。それは、とても意味があり、大切なことなので、その気持ちを忘れないでね。

新しいスタートというものは、いつになっても怖いものですが、それでも踏み出すしかないので、流れに身を任せて生きていこうぜ。後悔しない人生を。

あと、もし仕事に行く前に気分が重い…とか行きたくなさ過ぎて涙が出るとか色々精神的におかしくなったりとかしたら、仕事は休もう。

大切なのは「自分がいなくても会社はまわる」ということを自覚している事だよ。

迷惑?それも仕事だよ。まあ、簡単には(人間関係とか色々あって)割り切れないと思うけど、会社は自分を守ってくれる存在ではないのでばっさり切ろうな!

さて、4月から頑張らずに流れに身を任せて、適当に生きていこうな。

残業はしねえ!有給は取る!

 

 

おにきりはツナマヨが結局優勝

気分が上がらない!でも寝れてるのでセンチメンタルなだけです。

\センチメンタルジャーニー/

 

あと1週間で卒業試験なのに勉強してないし、就職も不安だし、住むところも決まってない。それについて就職に連絡取りたいけど電話嫌いなので電話もしたくない。と言うか、人と話したくない。私の人と関わる為に使うHPはもうないの。常に瀕死。死んでないのがキセキ。

二人でいれば晴れだって!!!な!!!

常に1人だわやめろ。

 

私がアイドルにハマったきっかけにもなった、私より沼が多い某友達が現在ハマってる「GOT7」を覚えようと思ったんだよ。

卒業旅行中に。

いや、あまりにも暇すぎて。でも友達居ねえし、分かんなくても答え合わせできなくて結局ジャクソンとJBはわりと分かるようになりました。今の推しはジャクソンです。ムキムキなのに赤ちゃんみたいな顔してるのくそ可愛いですね。ばぶばぶ!

 

でな、帰ってきたらもうもっぱらユリ勇だよね…(満面の笑み)

あ~~~ユリ勇控えめに言っても最高オブ最高って感じです。

ユリ勇が分からない?ゆーりおんあいすって検索してみ?最高だから。

これ以上の最高ある?ってちょっと、付き合って間もないのに「俺の運命の人」とか「この人以外考えられない」とか言っちゃって、すぐ別れるカップルみたいなこと言うけど、本当にこれ以上ないCPだと思うんだよね(真顔)

ユリ勇ってどう言うの?って言われたら私はカズケンを出してる。

そう、カズケン。

カズケンのあの甘酸っぱい感じがもうユリ勇でも感じることができます。

ただちょっと違うのは攻めのツンデレ加減がユリ勇は強めなのでツンデレ好きさんは

おいでらっしゃい見てらっしゃい!!!!!!!!

カズケン好きな人にユリ勇嫌いな人は居ない(私調べ)

ユリ勇のいい所は沢山あるんだけど、やっぱり一番は

年の差

なんだよね。

8歳という年の差が生じてくるんですけど、これ、なんと、どう頑張っても縮まらないんです!!!!!!!!

かつきゆうりの誕生日が11月29日に対し、ユーリの誕生日が3月1日。

放送終了後の時点で、かつきゆうり(24)に対しユーリ(15)と言う、

9歳差!!!!!!!!

そう、どう頑張っても、最低8歳差は生まれてしまうんですね。はーーー罪深い

もう、そんなの年代が離れすぎて日常会話とか合わなさそう。とか考える人居ますね?

でも大丈夫!

彼らは基本「フィギュアスケート」と言うコミュニティーの中にいるので、彼らが話すことは9割がコミュニティーの話だろうし、なによりお互いにスケートしかしてこなかったので根っからの「フィギュアスケートオタク」だときた!

ここまできたらもう付き合うしかないでしょ(真顔)

そして、育ち盛りの15歳と、好物はカツ丼、太りやすい体質の24歳なら、当然食についてもあそこが美味しいとか、ここのこれが美味しいとか、そんなことも話せますね!

ほら、会話に困りません!

そして、なにより彼らには試練が次々と待ち構えているのです。

まず考えられるのは

ユーリの成長痛

です。何が何だかわかりませんか?

ユーリは15歳…今年の3月で16歳になる彼は上手くいけばきっと背が伸びるはず。

現在163と言う173のかつきゆうりより10cm下な訳ですが、将来は有望です。

同じロシア人のヴィクトルは180ありますし、おじいちゃんもそんなに背が低い方ではなかったと記憶しているので伸びるでしょう。

と言うか、できれば伸びて成長痛きて欲しい。(願望)

成長と言うのはフィギュアスケートの選手にとって選手生命に関わることでもあります。急激に伸びることで、痛みと、今までの身体とは違ってくることから起きる、ジャンプの際に軸がぶれてしまうなど、色々問題があります。

それを支えるかつきゆうり、でもいいですが、そのことにより少しギスギスしてしまうのもよし、これにより仲が深まるきっかけになるのもよし。

まあ、なんでもよしなんや。

とりあえずこれがきっかけの一つになるってことです。

もう一つは、

ユーリの「ロシアの妖精」と呼ばれるほどの美貌

です。

本当に、ユーリってすごい未来有望なんですよね。きっと、絶対イケメンになるし、それにドキドキしちゃうかつきゆうりもいい。とても。よい。

このことから起きる「ユーリには僕よりもっとお似合いの人がいるよ」と言うかつきゆうりが出来上がるわけです。

この台詞には、ユーリがかっこよくなり、自分みたいな平凡な人間じゃ釣り合わないと言う気持ちや、8歳差と言う「年の差」を気にしているのが読み取れます。

それにユーリは納得すると思いますか?しません。絶対にしません。

そこでやっと2人は恋人同士になったり、結婚したりするわけです。

やっぱり、かつきゆうりの性格からして「年の差」は死ぬほど気にすると思うんですよね。

そして!なにより、一番の壁はヴィクトルと言うリビングレジェンドですよね。

公式がヴィク勇を推している。と言うことは、確実にユーリが「勇利はヴィクトルが好きで、こいつらは付き合ってる」とか勘違いしちゃって、両片想いが死ぬほど拗れたりするんですよ!

ヴィクトルはと言うと、「勇利のこと好きだよ♡」とか言っちゃうもんだからユーリも不安になりますよね。

もしかしたら勇利はヴィクトルが本当に好きなのでは?とか。

それにキレるかつきゆうり。「僕が好きなのはユーリなんだけど!」とか言って欲しい。

あと、ユーリがオタベックと一緒にいるのも嫉妬しちゃったりとかしてくれれば本当に嬉しいです…(拍手)

嫉妬しやすい2人(私調べ)なので、嫉妬ネタも美味しくいただけちゃう!

こうして、たくさんの障害を乗り越えて、2人は幸せになるんですよ…クッ!!!

ありがたい、結婚式には呼んでくれ。

現在はツンデレ妖精のユーリくんですが、未来は二手に分かれると私は思ってるんですよね。

まずは、ツンデレこじらせて結局今のまんまで大きくなる。

これの良さは、図体はデカイのにいつまで経っても「好きな子をいじめちゃう小学生男子生徒」みたいになるところ。でもこれは周囲にはバレバレなのに、当の本人にはバレてないパターンが多いので両片想い期間が伸びる…

伸びちゃう…

終いには、結婚適齢期がきたかつきゆうりがお見合いとかしちゃったりするんじゃない?と私はドキドキします。好きですけど。

もう一つはスパダリユーリくん。

ロシアの男性は、自然とレディーファーストを身につけていくそうで、そうなるとツンデレも落ち着いて、ガチでかつきゆうりを落としにくるユーリくんが目に浮かびますね。

そうでなくても、落ち着いていくユーリに惚れないかつきゆうりは存在しないので、結婚しますね!(確定)

おめでとう!!!

 スパダリを発揮するユーリは死ぬほどかっこよくてもう、何やお前幸せにな!!!!って全身で祝福しちゃうし、下手したら夢女の私が顔を出すので、本当に危ない(危機感)

でも、ユーリに見合う人はかつきゆうりしかいねえから(ユリ勇過激派)

はーーーーーユリ勇最高ーーーーー!!!!!!!!(ぬるま湯の温泉に浸かる)

 

ユリ勇以外にも脳内を占めているものがもうひとつあるんですけど、それなんだと思います?

牛タン

です。牛タン食べたい。いや、もう1度冷静に考えて…

も、牛タン食べたいよね。

牛タン、ネギ塩牛タン。ネギ塩の牛タンが食べたい。

誰が食べても多分幸せになるでしょ。

と言うか焼肉食べたい。叙々苑行こうよ。破産覚悟で行こう。

レモン汁につけても、塩をちょっとつけても美味しい、牛タン。

なんでもありじゃん。

牛タンと、冷麺と、キムチと、わかめスープ。

おいおい、最高じゃねえの!!!(ヨダレ)

あ~~~~~焼肉食べたい!!!!(結論)

強いて言うなら、焼肉食べながら、ユリ勇の話して、アイドルの話もして、そして白ご飯食べたい。

そう、私は今空腹万次郎…(天に召される)

 

でも、普通に焼肉食べる金あるならばんたんのアルバム買ってるし、本当にアルバム買うお金もないこの私には暫く生きてる意味ないです。

は~~~それでも結局腹は減るよなあ~~~

人間だもの。みつを。(飢餓)

年明けてから特にいい事はない

本当にないんだよなぁ~~~

やめて欲しいことならある。バイト先でかかる有線で「世界に一つだけの花」を流すこと。やめてくれよ…なんかもう精神的に辛くなるわ。

 

でな、今回はおっっもい話なんだけども。

いつの間にかうつが再発していた件。

いやーーー本当に私も驚きなんだよな。前回は原因も分かってたし、なんか本当になるべくしてなった。みたいな。

でも、今回は特になくて、原因もよく分からず、ただ最近は本当に楽しく腐女子していたから余計謎。おいおい、昨日まで私「生きてるの楽しい!ユリ勇大好き!美味しい!(満面の笑み)」だったのに、一体どうしたんや???

とまあ、自分でも驚くぐらいの変化だったんですよ。今でも謎です。

気づいたきっかけは「漫画の本がなんか読みにくい」って思ったことです。

本当に、頭に入ってこないというか、なんかよくわからないけど、とりあえず読みにくい。なんでだー?んー?って思いながらその時は全巻読みました。後日、やっぱり変だよなあと思い、ググるとなんと「うつ」の症状らしいです。

と言うか多分「うつ」の症状。って感じ。

私はうつ病と言うよりは抑うつ状態。危険度は10段階の5とネットの診断では結構らしい。でも10段階の5ならまだマシでは?と思ってるけど、多分これがあかんのやな…。

私もそうなんですけど、精神科って行きにくいんですよね。と言うかかかりつけの病院以外は行くの本当に嫌だ…。だから私はまだ1回も診断受けてないです。別に死にたいとか思わないし、死んでないし、何事もめんどくさいとか、結構なネガティブなんですけど、それでも生きてるし…って思うと行きたくないから余計に行かなくていいか!って思ってます。

これみんなどんなタイミングで行くんですかね?私はわからないぞ。

うつの時点で家から出ることがもう億劫なので、診断されるのはうつ病患者の1割ぐらいなのでは?って思ってきた…。

病院行ってる人すごいと思います。尊敬。

最近は絵を描いてて、すごい楽しかったんですけど、昨日からなんかもう描きたいものもなくて、なんか、こう、何かしたい、何かしなきゃならないのに、何も浮かばない。モヤモヤとした何かか、なんかこう自分の中になんかいるなって感じ。あと、文章は相変わらず全然頭に入らないです。本当に。

勉強しようとしても、同じ文章を何回も何回も読んで理解しろー!って言い聞かせながらするので本当に時間がかかる。やんなる。

元々、本を読むのが好きだったので、文章が読めないということ自体がストレス。でも勉強はしなきゃならないという…どうしろって言うんや…!

そして、ストレス発散の仕方がいまいち分かってなさすぎて、ストレスは溜まっていく一方…かと思いきや、普通にストレス発散できてる時もあるので、本当にわかんないわ…

唯一良かったなって思うのはストレス溜まると右の人差し指だけが荒れるのでわかりやすい。

あ、ストレス溜まってるんだ。私。って思ってじゃあストレス溜まらないようにやっかなぁ〜って思ったりできる。身体がちゃんと危険信号出してくれるのはありがたい。

 

うつって聞いて、私はずっとうつ状態なのか?って思ってしまうんですけど、(自分もうつのくせに診断されてないからか、あんまり改めて考えると自覚はない)そうじゃないんだって今思いました。

うつってこう、突然降りてくるんですよね。ふっと。これは自分でコントロールできるものじゃないし、コントロールできたらうつとかになってないし、いつ降りてくるかも予想もつかないので分かんないんだよなぁ。確かに、私もそうだな。って改めて思いました。

私はうつは隠したくないので、オープンにしたいのですが、「私うつなの」って言った時、私は笑いながら可笑しいよね!って感じで言ってしまうのですが、言われた相手は困るんだよな。

私が言われたとしたら「え、あなたがうつだから私になにかして欲しいの?だから発言には気をつけてねとか?いや、意味わかんねえわ」って思うし「私はこれからこの人にどう声をかけていけばいいんだろうか?」って考えちゃう。

でも、当事者からしたら「私はうつだから突然降りてきてネガティブになるけど、気にしないでいつも通りでいてね」って言いたいんだよなぁ。あ、これ私はですよ。うつはうつでも同じものはないんですよ。多分。10人うつ病患者がいたらその10通りうつの症状があると思うんですよね。これって、介護とかと同じだよな。

人は同じにはならないんです。他人は他人。自分は自分。自分が感じたこと、思ったこと、全て同じな人なんていないです。それがオリジナル。それ以上でもそれ以下でもない。

まあ、それが分かっていても他人からの評価は気になってしまいますし、他人からよく見られたいとも思ってしまいますね!

おバカさん!!!!

 

とりあえず不安はこれが仕事始まってもあるのかぁってところかな!勘弁してくれよ〜自分〜!って感じある。

あとすぐ自分責めちゃう。これさ、私だけじゃないと思うんだけど、ちょくちょく「あー!なんで私こんなことやっちゃった、言っちゃったんだろー!」とか思っちゃうのも自分責めてるし、私も実際「いや、私そんなに自分に厳しくないし、甘々だし」って思ってたけど、普通に厳しいわ。自分に甘々だと思っていることがもう自覚がない…。

自覚なさすぎだね?!お前!おバカさん!

みなさんも気をつけてください。

 

だらだら書いたけど、結論、私が抑うつ気味だけど病院には行かずにとりあえず生きてるぜ!ってことと、本当にスノボーしたかった。来年…スノボ…(今年金がなさすぎて行けなかった)

今年の目標は、ストレス発散方法を見つけることかな…!見つかるかなぁ。

うつ、多分思ってるより身近なものなので皆さんも4日間家から出なくて人間とのコミュニケーションを取ることを忘れてしまわないように気をつけて下さい。

 

もう少しで、誕生日(2月20日)なので、ユリ勇の同人誌かアラシンの同人誌かホワイトタイガーのぬいぐるみか化粧品1式か愛情ください。

はいはいおわり終わり!

はーーーはいはーい終わりました!終わりましたね!よかったね!綺麗だったね!はは!

 

こんなんで納得出来てたらとっくの間に納得してるわ。

 

ずっと観たくて、でも観たくなくて、観れなかったSMAP×SMAPの最終回観ました。5時間スペシャル。

感想としては、とっても綺麗でした。とっても綺麗で、素敵で、森くんのところなんて泣いちゃったよ〜!もー!本当に!

あと、若いSMAPみて可愛い〜!って騒ぎましたよ。いや、まじ可愛かったし、それを見た時に、こうして、森くんという脱退したメンバーの顔がハッキリと映って、名前まではっきりでてるのってすごいなって再確認したよ。これこそ、SMAPのメンバーがどれだけSMAPを愛していたかの証だと私は思います。6人でSMAPだ。過去のことだけども、6人でSMAPなんだ。って言う気持ちが伝わって、これはずっとJr時代から応援し続けてきた人も、私みたいに5人時代から応援してきた人も、嬉しいことだと思います。本当に心が暖かくなるような、そんな気持ちにさせるよ。

27時間テレビの森くんの手紙は、当時も泣いたけど、やっぱり泣いちゃうよね。カラオケだって、ベストフレンド何回流れて、何回泣けばいいんだよって思っちゃったわ。

 

まあ、それは置いといてさ。

見た人はきっと感じただろう。SMAPはな、SMAPが大切なんだよ。

中居くんがSMAPを大切にしてることはひしひしと伝わるだろうし、吾郎ちゃんだって、つよぽんだって、1度グループを抜け、戻った時のコメントを聞けば大切にしてることが伝わったと思う。慎吾だって、SMAPで話している時に本当に楽しそうに笑うし、キムタクだって、吾郎ちゃんが戻ってきた時も、つよぽんが戻ってきた時も本当に嬉しそうに笑ってたの見た?

こんなにも、SMAPというグループを大切に思ってる人達がこんな形で解散するのおかしくない?

私は解散しないで!とは言えないし、言いたくない。それは、いつか別れが来ると知っているし、それがこの時であるならしょうがないことだと思えるから。どんなきっかけであろうとも、メンバーがこの結論を話し合って出したのであれば、私はなにも言えない。

ただ笑顔で「バラバラにはなっちゃうけど、これからも応援よろしくお願いします」とか言われちゃったら、あー私たちのアイドルとしての彼らは終わってしまったけれど、彼らには次があるから。って思えるじゃん。

時間がかかってもさ。

でも、SMAPはどうよ。最後のステージ。世界に一つだけの花。あんな、悲しい世界に一つだけの花ある?私は見てられなかった。まるで、葬式だ。突然死んだSMAPを葬ろうとしてるんだ。みんなが混乱してる中、でも葬儀だけはしなきゃなって、してるみたい。曲中、慎吾が笑った時、私はもう、たまらなく泣きながらもうやめてくれって言いたくなった。なんで、あんなに、あんな顔で笑ってるの。誰も吹っ切れていない顔。誰しもが、どうしてなのかという気持ちがあるような。納得してないような顔。

なんだよこれ。意味わかんねえよ。

こんなの見たかったわけじゃない。こんな別れをしたかったわけじゃない。数十年後に「SMAP突然の解散…その真相が今明かされる…!」って宣伝文句が付くような番組が放送されるような終わりをしたかったわけじゃない。

SMAPが納得できてないものを、私たちが納得できねえよ。

SMAP×SMAPのスタッフさんはよく、本当に愛で溢れた特番をよく、作ってくれたなって思うし、最後のエンドロールでひとり一人映ったスタッフさんの顔みてたら「ああ、みんな納得できてないんだ」って悟ることができた。だから、本当にスタッフさんにはお疲れ様でした。と言いたいと思います。それが結果的に葬式のような特番になったとしても。

 

私が好きになったSMAPは、中居正広が好きなSMAPなんです。中居正広が世界で一番っていうぐらいに愛してるSMAPっていうグループのことなんです。

なんで、中居正広からSMAPを奪うんです?

奪って何がなるんです?何かいい事起きますか?起きないですよね?どんな理由があって奪うんです?

 

実際、SMAP×SMAPを観る前に考えていたことがあります。それはアイドルを卒業する線引き。これは本当に問題で、アイドルには別に年齢制限はないです。でも、後輩のアイドルを輝かせるためには、世代交代が必要であることも確かです。先輩が引退して、後輩が次になり、また、後輩に続けていく…。ジャニーズのように、一つの事務所でアイドルを育成していくにはこの方法が一番ではないのかな。と私は思っています。だから、SMAPがいなくなると、世代交代が始まって、後輩にとっていい形になるのではないかな?とちょっと思い始めていました。

が、

そんなことはない。SMAPがいなくなっても、ジャニーズは変わらない。きっと1ミリも変わらない。後輩にはただただ、事務所に愛されないこととはこういうことなのだという事例が出されただけ。そして、愛を貰えないことは恐ろしいことだと感じるでしょう。

くそったれ。

なにが事務所だ。なんで一つのグループ、たった5人を守れないの?なんで守ろうとしないの?なんの為の事務所なの?存在義務ある?なんでジャニーズ事務所あんの?なんのためにあんの?

私には分からないし、そんな事務所に推しグループはいて欲しくない。

もしかしたら、こういうことがまた起こるかもしれないでしょ?やめてくれよ。

これを機に沢山の事務所から男性アイドルが出てきて、ジャニーズに対抗できるような、大きなところができますように。

もう、そろそろ、ジャニーズが独占状態なのやめよう。限界だよ。

SMAPの二の舞にならないように、鳥籠から出る勇気も必要なのかもしれないね。

私たちファンも。アイドル本人も。

 

まだまだ言葉に出来ない感情ばかりで、本当に終わりだってことを理解したくないのか、できないのか。まだ分からずにいる自分がいることも確かです。この気持ちは本当に、どこに持っていけば正解なのかな。分かんないわ。

 

拝啓 1年間生きた私

今年があと少しだって知って、今から急いで今年1年の振り返りしようと思います。

今年は忙しい1年と言うか、やることが山積みで、それは1人で解決するものばかりだっただけなんですけどね。

大きかったのは就活かぁ。ぶっちゃけ不安時期が長かった割にすぐに就活終わらせてしまったので、本当にみんなちゃんと会社選べよ!

私は就活を終わらせるために就活したから!

あとは今年もライブ行きましたね〜!

ばんたんも行ったし、SHINee、EXOも参戦したなぁ。

あとは今年も舞台を見に行けました!嬉しみ!来年はちょこちょこ行きたいなぁ。気になるものはチェックしよう。

映画も映画館で観たり、借りて観たり。やっぱり映画館が好きなので、映画館で観たい。今はぼく明日が観たいです。あとファンタビの吹替。字幕もう一回でも可。

 

今年は本当に早かった…すごいスピードだったよ。11月からなんてずっとフィギュアスケートもといい、ユーリオンアイス一色でした。今もそうですけど。だから全然アイドルチェックできなくて、辛うじてジャニーズはどうにかなるんだよね。テレビと雑誌とかでチェックできるから…。でも、K-POPはそうもいかないし、Twitterチェックは本当に怠れないですね…いや、分かってたけど…。一度逃すともう次の情報が待ってたりするんですよね。全て把握するのは早々と諦めております。そんなことしてたら生活出来なくなるわ。これからK-POP気になる!って人はそこら辺ちゃんと割り切った方がいいと思います。まあ、どんなことでも言えることですが。

今年も本当に勉強しなかった1年だった。たぶん来年も勉強しない1年です。そこら辺はさ、もう、私に求めたらダメなんだよ。ゆっくり、色んなものを見ながら自分なりに吸収して、それが自分の作る何かの役に立ったらいいなって思います。体験こそが自分を成長させると信じて、来年は色んなことに挑戦して色んな遊びをしよう!

 

ここから暗い話になりますが、やっぱりどうしてもお母さんとは上手くいかない年でもあったなぁ。と。姉が家から出て、それから環境が変わってしまったことに、私はともかくお母さんはついていけなくなっていたんだと思います。でも、それを支えられるほどお母さんを愛してない自分と、この時丁度もめていた時期でもあったので自分も辛いし、お母さんも辛いし、本当にいいことなかった。それからズレてズレて、結局私も、お母さんも自分が悪いと責めてうつになっていったね!って書きながら思ったんだけど、これ去年のことだ!今年はそれを引きずって結局上手く行きませんでした!はは!はーーー本当にどうしたもんか。そろそろイライラせずに、お母さんに当たらずにお母さんと会話して平和的解決したいんですけど、できない…本当に私家から出たら家族と縁切って生きていきそう。まあ、それもワンチャンあるし、姉とは糸一本ぐらいの繋がりで行こうと思います。ちなみに、兄とはもう糸一本ぐらいの繋がりなので、それが増えるだけですね!おめでとう!

本当に、こんなことになると私の優先順位は友達がNo.1になるんですよね。友達、大切にしよう。

そう言えばこの間読んだ占いの本で私は「冒険家」って言う結果が出て、そこにマイナス面として「人に頼ることができない」って書いてあったので、人、頼って楽して生きて行こうと思います。大切だね。

 

結局、異常なぐらい早かった1年だったなって言う感想しか出てこない。

暫くはアイドルを追うことはやめて、(お金が無い)フィギュアスケートに熱を注いでいこうと思います。今は全日本やってますね。本当にワクワクします。先日までGPSやってたのに、世界選手権早いなあ。

あ、思い出した。スケートしに行かなきゃ。

敬具

大切な作品ができた瞬間

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』オフィシャルサイト)を観て来ました。

観てきて、やっと、気づいたことがあったのでちょっと書き留めておきます。

 

まず、私これ観る気まっったくなかったんですよね。本当に。むしろなんでハリポタの名前を出してこんな映画作っちゃったの?ってキレてました。

それは私がハリポタは終わった作品だと信じていたから。

私とハリポタの出会いは映画でした。ハリーポッターと賢者の石。ハリーポッターシリーズの第一作品です。それから私はずっと最新作が出る度に映画館に行き、観て来ました。秘密の部屋を見たあとあたりから原作を読み始め、途中で挫折を味わいながらも一応、全作品映画、原作を読みました。

そんな私は、言うなればハリーと一緒に成長し、ハリーと一緒に魔法の世界を、ハリーのホグワーツでの学生生活を一緒に歩んできました。

でも、それは死の秘宝で終わりを迎えます。ハリーと歩みながら、何度考えたでしょうか。なんでこの世界には争いがあるんだろう。どうしてそれをハリーが背負わなければならないんだろう。と。死の秘宝の最後、彼は家族をもちます。その姿をみて、私はやっと、ハリーはこの戦いから抜け出せたのだと。本当に嬉しく思いました。彼には普通の青春は送れなかったし、大人からは常に特別な目で見られる世界で生きてきました。でも、それもある意味なくなったのだと、彼の人生はこれからなのだと。本当に嬉しく、涙を流したことを覚えています。

私が一方的ではありますが、ハリーに普通の、特別ではなく、ごく普通の生活が送れますように。と言う願いが叶ったように思いました。だからこそ、私はハリーポッターシリーズはここで終わりを迎えて欲しかった。その後の話なんて、ハリーは平凡すぎて面白くないって読者に思わせるようなそんな生活を送って欲しかったから。私のなかでそんな思いがずっとありました。

そして、大きな理由。セブルス・スネイプの存在です。私はハリポタの中で一番好きなキャラクターに必ず彼を挙げます。彼こそが、私のハリポタの全てであり、真実だからです。いやマジ一時期子供産みたいと本気で悩んだ時期がありました。すごいよね。私も自分で振り返って本当にすごいと思う。

私は、彼が作中で死んだことにどうして、とは思いません。それが彼の全てであり、むしろ、死ぬことに意味があり、死ぬことこそが彼を彼自身の愛から解放する術であったと思うからです。だからこそ、彼が死んだ世界には私は用はないのです。彼が居るから、それが私の全てになってきていたから。

これが私がどうしてもファンタスティック・ビーストを素直に見れなかった一番の理由だと思います。

セブルスが死んだ、そこに光はないのに、そう感じているのに、私にはセブルスが居ない魔法の世界を楽しめる気がしなかったし、それはまるでセブルスを裏切るような気すらしていました。自分の気持ちを裏切る、そんな感じです。上手く言葉にできないのがもどかしい。

 

ファンタスティック・ビーストが始まって、最初、ハリポタのお決まりのあの曲が流れた時、私は心の中で何故かセブルスに謝罪しました。そして、セブルスを想い、泣きました。

しかし、物語が進むにつれ、私はワクワクしていました。

気づいたら終わっていて、EDでは興奮で足が震えていました。

ああ!神様ありがとうございます!そう思いながら手を組み、涙を流しました。

もう二度と、味わうことのないと思っていた、そう、最初に賢者の石を観た時のように、私はワクワクしていたから。

賢者の石はハリポタの中で一番魔法にワクワクするシーンが多いです。それは、マグルの世界で育ってきたハリーが自分のように思えるから。だから、ハリーが魔法に触れる度に、観ている私たちはワクワクするのです。

まるで、そのワクワクが今、ハリーと共に成長し、ハリーの物語を終えて、大人になった自分が味わえるとは思ってもみませんでした!

ああ、なんて素晴らしいんだろうか。

誰かに、許された感じがしました。これだけハッキリと不特定の誰か、そう、まるで神に許されたように感じたのは初めてだった。

これが、キリスト教の許されたなのかもしれない。とにかく、涙が止まらない。

ありがとう、ありがとう。そんな感謝の気持ちでいっぱいでした。

この感動は、きっと、一度魔法の世界の物語を閉じてしまった私だからこそ、の感想なんだと思います。

この時思ったんです。

私の中でハリポタという作品はすごい大きな存在なんだなって。

自分が思っているより大きな存在に、私は驚いたし、嬉しくも思いました。と、同時にもう少し掘り下げて見て行けば良かったなぁなんて後悔もあります。

私は本当にただハリポタシリーズの原作を読んで、映画を見ただけの奴です。

ハリポタの世界に詳しくはないし、言うたらキャラクターの名前だって曖昧です。ただ、私にはセブルス・スネイプと言う愛する人がいて、その人に溺れていただけの馬鹿な夢女子なんです…。

だからこそ、こんなにもう一度魔法の世界が体験できることを嬉しく思うとは思ってもみませんでした。

嬉しいなあ。嬉しい。とても。

世界は広い。例え、ハリーの物語が終わっても、セブルスの物語が終わっていても、魔法の世界はそれだけじゃない。私たちは、無限に魔法の世界を感じることが出来る。その世界に生きている人間が居る限り、私はもう一度魔法の世界に行けるのだと、そう思えました。

 

ハリポタの良いところって、私善人がいないってところだと思うんですよね。

善人なんていません。誰しもが失敗をし、嘘をつき、自分を可愛がっているのです。

これって、魔法の世界じゃない、私たちの世界でもそうじゃないですか?

マグルとか魔法使いだとか、そういうことは抜きにして、私達は何も変わらない。ただのひとりなんです。だからこそ、感情移入ができるし、より深く魔法の世界に入り込めるのかも知れませんね。

ファンタスティック・ビーストの最後で、「法律は何のためにあるのか」と言う問があります。私はこの問がぐさりと自分の心を刺したような、そんな気分になりました。

常に、私たち人間はこれを考えていかなければならないんだと、感じるのです。

このように沢山の思う所があるのは、私が少なからず大人になったからこそかも知れませんね。

そう思うと、大人になって賢者の石のあの魔法の世界のワクワク感を感じられるだなんて、本当に贅沢だなと思います。

みんなに、ファンタスティック・ビースト超いいから観て!とは言えないし、言ったところで、私みたいに感じることは99%ないから言わないけれど、もし、一つでも似てるなって思ったら、その時は観た方がいいと思います。まあ、普通に面白い作品なのでハリポタ知らなくても全然大丈夫です。

 

もしかしたら、大切な作品って、知らず知らずのうちにできてるのもなのかも知れませんね。今回の私のように。

人それぞれ大切と言うラインが違うので、なんとも言えませんが、すこし、幼少に観た映画を見直すのもいいかも知れません。

きっとそこに、自分の大切な何かがあるかもしれないから。

最後に、ファンタスティック・ビーストを観るにあたって背中を押してくれたフォロワーさん、そして、ファンタスティック・ビーストの制作に関わってくれた方、なによりこの魔法の世界を造ってくれたJ.K.ローリングにありったけの感謝を。

そして、これからもっと、人生をより素敵に変えてくれる、そんな作品に出会えますように。